北相模原の一日 練習内容紹介(一例)

1、 第1部 全年齢 練習開始

礼に始まり礼に終わる柔道。心を整え、全員で礼をします。


 

2、受身

柔道の基本中の基本、受身の練習をします。

   
後ろ受身


前受け身
 
3、 基礎体力練習

 首のトレーニング 


側転


4、 寝技の基礎動作練習




5、 寝技の練習 (ねわざうちこみ)

 寝技打込といいます。下向きの相手をひっくり返して抑え込む練習です。


 




6、 投技の練習1 立技打込練習(たちわざうちこみ)

  投技の反復練習。投技の形を正確に覚えるための練習です。投げる手前で止めます。


7、 投技の練習2 投込練習(なげこみ)

 相手を実際に投げて、投技を覚える練習。投げられる方も受身の練習となります。
投げられても、受身をするので痛くありませんよ。



8、 乱取練習 

  試合に最も近い練習。投技を掛け合い、相手を投げる練習。当然、相手にも投げられます。

 


9、 1部 小学生の部、終了

整理運動の後、整列。礼をして終わります。自分自身を振り返ります。

 

10、 第2部 中学生以上一般練習 自由乱取練習 

中学生以上の選手が30分程度、自由に乱取練習をします。3分×8本程度。希望者は小学生でも参加できます。自由乱取とは好きな時に好きな相手と自由に乱取練習をする練習方式です。休憩の自分のタイミングで入れます。体力に合わせて練習できます。中高生が社会人を投げるシーンも見られます。(投げられるのは私・泉(笑))

 


J 練習終了です。


 上記は一例です。日によって、メニューや時間配分は変化します。ぜひ、実際に当教室に足を運んでいただき、雰囲気を感じてくだされば幸いです。体験入会は随時、受け付けております。